ラメラ構造とは?

 

ラメラ構造

ラメラ構造とは『肌の内部の水分と油分がミルフィーユ上に規則正しく並んだ状態』のこと。
水分-油分-水分-油分-水分…と層になったラメラ構造は、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分の両方を持っています。

 

ラメラ構造は脂質と水分の層で体内に異物が侵入するのを防いだり、
うるおいを保つためにお肌の内側の水分が蒸発しないように水分を保ったりする働きがあるのですが
紫外線や加齢、ストレスや喫煙などが原因で
ラメラ構造が乱れてまいます。

 

ラメラ構造とは

ラメラ構造が乱れると、お肌がお乾燥したり、刺激を受けやすくなったりして
様々な肌トラブルが起きてしまうんです。

 

 

ラメラ構造の化粧品は水になじみやすい部分のところに水をしっかりと抱え込み、逃がさないようにしています。
なので、ラメラ構造の化粧品を使うとお肌の水分を逃がさず、
また肌をバリアしてくれる働きもあります。

 

ラメラ構造 化粧品

コンシダーマルスキンライズローションは
独自の技術によりラメラ構造を再現した化粧品。
化粧品そのものをラメラ構造にすることで
限りなく肌に近い化粧品に。
その結果肌なじみよく美容成分が浸透し、
乱れた肌構造を整えてくれるんですね。

 

ラメラ構造 コンシダーマル

コンシダーマル スキンライズローションは
1本6役のオールインワン美容液。
たった1本ですむ、ラメラ構造化粧品なんですよ。
これ一つでお手入れが済んでしまうということは
化粧水、乳液、美容液・・・と別々に使うより
それだけ摩擦などの肌刺激を抑えられるということ。
お肌のためにもオールインワン美容液って優しいんですよ。